【初心者向け】キャンプ道具を一式揃えるとだいたいいくらになる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ用品レビュー

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
このブログの発起人。年間閲覧者数は160万人。
キャンプで人生が幸せになりました。プロフィールはこちら

先日友人に「キャンプ道具って全部揃えるといくらくらいする?」って聞かれたので、こちらにも書いておきます。正直ピンキリなんですけどね〜長くやるならそれなりのものを買ってもらいたいなーって思います。(もちろん高すぎてハードルが高いと意味がないのですが)

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

2019年現在の最新情報を私の方からお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ざっくりで!キャンプ道具一式でいくら?

IMG_1185

ざっくりですが、ファミリーキャンプやグループキャンプの場合、テント、テーブル・チェア、寝袋、BBQコンロなどなどで最低でも5万円くらいは見ておいてほしいです。

もちろん究極的に安いものだけを集めてそれ以下に抑えることは可能といえば可能ですが、、、

一応アウトドアですし、相手は自然なので100%安全だとは言い切れません。

キャンプ道具はどちらかといえば、安かろう悪かろうの傾向が他のモノよりも強い傾向がありますので、できればそれなりのものを買ってもらいたいと思ってます。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

特にAmazonには中国製と思しき謎の格安商品が跋扈しています。

別に中国製品が悪い、という話ではなく、なるべくちゃんとしたものを購入したほうが良いと思うんですよね。

そのあたりは下記の記事でさくぽんが熱弁していますので、ご興味あればご参照ください。

参考:アウトドア・キャンプ道具が高いって?!なんで高いのか、僕なりに考えてみた。
参考:10年先も、20年先もキャンプを楽しみたいから、僕はお金を払う。

テントは3万円くらいから!

IMG_9948

コールマンやロゴス、スノーピーク、キャプテンスタッグ、ドッペルギャンガーあたりで3万円前後のテントがビギナーにはいいのかなって思います。長く続けるならば、スノーピークのアメニティードームがオススメですが、他のメーカーに比べて若干高いのでその辺はお財布と相談です。

1万〜でも買えないことはないですが、ポールが弱くて少し風が強いだけで折れてしまったり、雨で浸水する可能性もあります。。。ので、あんまりオススメしません。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

2019年現在、コールマン、スノーピークが初心者用モデルを販売しているのと、テンマクデザインでもお手頃で安心なものも販売されています。

テーブル・チェアは?

20160201-IMG_2806

こちらもピンキリ。まずはチェア。

写真にあるようなゆったり座れるタイプのものは1万円オーバーです。っが、特にこだわりがないのであれば2,000~3,000円でホームセンターなどで買えるチェアでもいいと思います。

たしかにこっちのほうがカッコいいし、座り心地がいいんですけど。。。まぁ年に何回かしかしないんだったら、ホームセンターなどで買えるものでも良い気がします。

お次はテーブル。

IMG_7148

アルミ製のテーブルやステンレス製、木製など種類は様々です。木製のテーブルは比較的高いですが、雰囲気がいいのでキャンパーに人気です。

っが、こちらもまずはアルミ製のテーブルで良い気がします。テーブル・チェアに関しては、先程いった安かろう悪かろうがあてはまるけれども、許容範囲内であると思ってます。

安かろう悪かろうであるけど、それなりには使えるのでデビューにはそれでいいんじゃないのかなって感じです。

価格は1万円弱くらい〜

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

可能であれば、大きめのテーブル(みんなでご飯を食べるテーブル)と小さめのテーブル(ご飯を作るテーブル)を準備しておくと何かと便利です。

キャプテンスタッグのCSシリーズで、いい感じの木テーブルが安く売っています。

寝袋(シュラフ)

IMG_9607

形状で分類するならば、封筒型とマミー(みのむし)型とに分けられます。そして、中身がダウンなのか化学繊維なのかによって、耐久性や保温性などに違いが出ます。

極端な話、7,8月だけしかキャンプをしないのでしないのであるならば、寝袋はいらない可能性すらあります。家同様にタオルケットなどで事足りてしまうこともあります。(実際、僕らは夏はブランケットで寝てます。余裕です)

しかし、春や秋にキャンプをする場合は、やはり寝袋が必要になります。

価格はモンベルのファミリーバッグが5,000円台〜で一番安くてコストパフォーマンスがいいです(しかし、収納サイズが大きいのでかさばります)

1,000~2,000円程度で売っている寝袋は夏用ですので、それ春・秋のキャンプに行くと寒くて眠れません。気をつけてくださいね!

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

後は自宅から毛布を持っていくのが一番お金もかからず便利だったりもします。

ただし、春秋については毛布一枚だけでは寒いのでご注意ください。

 

銀マット

また、そのままテントの中で寝ようとすると背中が痛かったり、地面の冷えのせいで眠れないこともあります。

時期になるとHCやスポーツショップに銀マットが並ぶので持っていきましょう。

厚手であればあるだけ良いです。

1人用のパーソナルマットと呼ばれるマットもあります。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

銀マット以外で、安いパーソナルマットであれば、キャプテンスタッグのEVAフォーマットが安くてそれなりです。これ一枚だけで快眠!とまでは行きませんが、かなり快適度は上がります。

参考:【キャンプ用のマット】ウレタンマットはキャプテンスタッグのEVAフォームマットで十分だと判明

BBQグリル

IMG_1053

こちらもまた悩ましいところです。安いものを探せば、3,980円くらいで買えますが、熱で変形して数回で使えなくなります。それをよしとするかどうかはそれぞれの考え方次第ですが、僕的には7,000~8,000円でそれなりに長く使えるものを買って欲しいですね、ロゴスあたりとか結構いいです。キャンプ場のレンタルでも使われてます。

一番物持ちがいいのはユニフレームの製品でしょう。それかスノーピーク。最終的にはこの2者に行き着くような気がしてます。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

BBQグリル単体を買うよりも、BBQも出来る焚火台を買うほうがおすすめでしょうか。

ユニフレームのファイアグリルが耐久力半端ないのでおすすめです。多分他のブログでもこの後嫌という程おすすめされると思いますが、それだけの使い勝手と耐久性、高コスパです。

参考:【レビュー】ユニフレームのファイアグリルが気になっている方。間違いなくオススメなので、買って大丈夫です

バーナー系は?

P4151733

バーナーはシングルバーナー、ツーバーナー、カセットコンロなどなど、キャンプ用の道具は5,000円〜ツーバーナーは20,000円を超えるものもあります。

ファミリーキャンプならツーバーナーがあるとすごく便利なので、オススメしたい所ですが、そこはお財布と相談。

安くても12,000円くらいですね。

もしお財布が厳しいなーっと感じる場合は、家にあるカセットコンロを持ちだして使うってのも全然ありです。徐々に買い揃えていきましょう。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

キャンプを楽しむようになって7年位経ちますが、お気に入りのガスバーナーと、イワタニのカセットガスコンロを持っていっています。

やっぱりイワタニのカセットガスコンロめちゃくちゃ便利。絵面はキャンプっぽくないですが、間違いない使い勝手です。

ランタン

写真3

ランタンは電池式、ガス式、ガソリン式など燃料によって種類が異なります。初心者の方がまず買うべきは電池式のランタン。その他の燃料系の道具は火器類になるのでテントの中で使用できませんし、扱いがすこし複雑(マントルの空焼きなど)です

値段は3,000円程度から。ジェントスというメーカーのランタンが安くて人気があります。キャンプ場でのレンタルでも使われていますので、そこそこ物持ちがいいですよ。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

出来ればLEDランタンは1000lm程度のものが2個位あると便利かと思います。

キャンプの夜は思った以上に暗いのであります。

ってな感じですかね。ざっくりでテント3万、テーブル・チェアで1万5千円、寝袋5千円、BBQグリル4千円、ランタン3千円

合計で6万円弱でしょうかね。あとは人数によって多少前後します。その他細々としたものを買い揃えるとざっくりでやはり10万円くらいはしてしまいますね。

それでもキャンプは1泊あたりの料金がホテルなどに比べると安いので、長く続ければ続けるほどお得な感じです。自然体験もできますし。

1ヶ月くらい前に「5万円でキャンプ道具を揃える場合」というブログも書きましたので、ぜひ参考までに御覧ください。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

僕が補足した分だと、

テント3万、テーブル・チェアで1万5千円、寝袋5千円、銀マット3千円、BBQグリル7千円、カセットガスコンロ8千円、ランタン1万円

合計8万円位。

初めてでもそこそこ快適に過ごすならこの程度あるとよいかと!



みんなのコメント!

  1. アバター madcrow より:

    初めまして、
    ふと思う所があって投稿させてもらいました。

    最初に買うべき椅子はホームセンターの安物で良いので三脚椅子をお勧めします!

    ゆったり椅子は楽ですが、作業性考えると三脚型の方が良いので!
    自分は最初に三脚椅子買って今はヘリノックス使ってますが、なにかと便利なのでいまだに三脚椅子も持っていってます。

  2. camp-in-japan camp-in-japan より:

    madcrowさん!
    コメントありがとうございます!
    三脚椅子ですかー!いいですね。
    そうそうホームセンターの椅子は友人を呼んだ時とかにも使えたりするので、まぁ持ってて損はしないんですよね。
    情報ありがとうございます!

  3. アバター 藤田 より:

    はじめまして。
    どこに質問すれば良いのかわからず、とりあえずここへ書かせてもらいました。
    蓋付きBBQコンロが流行っていますが、焚き火台とどちらを買おうか迷っています。
    家族キャンプが多いです。

  4. アバター ヤマケン より:

    藤田さん

    こんにちは!ヤマケンです!!

    蓋付きについては、個人的には要らないかなぁと思います。
    余程アメリカンなBBQを目指さない限り、アルミホイルで事足ります。

    焚き火台の多くがBBQグリルとの兼用になっておりますので、焚き火も楽しみたいというのであれば焚き火台で良いかと思います。
    ただ、注意点としては焚き火台なのでBBQする際に地面に近くなるということ。
    ロースタイルのキャンプで無いとBBQグリルとしては微妙かもしれません。
    ※スタイルについてはこちらの記事をご参照下さい。

    ロースタイルで無いのであれば、ホームセンターで売っているような安いBBQグリルと焚き火台をそれぞれ購入するしか無いかなぁ。なんて思います。

  5. アバター 藤田 より:

    こんばんは!
    ヤマケンさん、お返事ありがとうございます(^-^)
    アルミホイル!納得&なるほどです(笑)
    焚き火台、購入しようと思います(^-^)
    更新楽しみにしています☆
    ありがとうございました!

  6. アバター ヤマケン より:

    藤田さん

    役に立てたなら!
    流行り廃りを追うと疲れるので、要るか要らないかで判断すると良いですね!笑

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました